軽費老人ホームA型って?

a0002_011388_m

沢山ある老人ホームの中でも割と少ない費用で
利用する事が可能だとされているのが軽費用A型ホームです。

 

60歳以上の高齢者で収入が少なくて自立した生活を送る事が困難な人なら基本的に利用する事が出来ると言われています。

 

A型というのは食事、または身の回りの世話をしてもらう事が可能だから、
ゆっくりと過ごしたい!と思っている人にオススメだと思います。

 

健康状態は良いが今までにも自分で家事をしてきたけれどこれから先は同じように自分で色々な事を行うのは面倒だし、スタッフに任せて楽に生活を送りたいという人の場合はこのA型がピッタリだと思います。

 

老人ホームで決められた食事をとる事になりますので好きな食べ物を毎日のように食べる事が出来る訳ではないが面倒な事はなくて、自分の時間も多いから好きな事をするのが楽しみになると思います。

 

費用に関しては毎月の家賃、食費、そして介護の際にかかる費用になるが食費と家賃で大体が8万円前後と言われており、介護サービスでおよそ5万円前後と言われている所が多いそうです。総合的に考えるとおよそ15万円程度となります。

 

経済的に余裕のある人の場合は立地条件を選び、
良い場所に住む事が可能となるので老後を贅沢に過ごす事が可能!!

 

食事は自分の好みではなく栄養素を考えられた食事になっているから健康に気をつけたい!
でも自分では出来ないといった人もA型を選んでいる傾向にあるそうです。

 

生活環境の好みというものは人それぞれで異なるので本人の希望を1番に優先して考えてあげるようにするのが肝心だと思います。費用も安くて老人ホームの中でも数自体、多いと言われているからわりと入居しやすいと思いますよ。

 

 

軽費老人ホームって?

 

軽費老人ホームは軽費老人ホームA型(食事付き)・とB型(食事なし)に別れています。

そして、もう一つケアハウス(C型と呼ばれています。)の3種類があります。

 

A型とB型はすごく似ていて、健康で自立した生活ができる人というのが入居対象者になります。

一方で、C型であるケアハウスは身体障がいがある人や介護が必要な人をも対象にしています。

自立した生活が不安であったり、困難な高齢者が入居対象となる施設であり、これが違いになります。

 

この経費老人ホームの3種類で共通して言えることは、身寄りがない、家庭環境や経済状況の困難、という部分になります。
家族との同居が困難な場合でも「自治体の助成を受けることができる形」をコンセプトに作られた介護施設になるので、比較的に低額で入居できることができます。

 

●入居条件について

60歳以上の単身者、夫婦のどちらか一方が60歳以上である。ということが入居の大前提になっています。

身寄りがなかったり家族との同居が困難だったりという環境でありながら自立生活に不安があるという人が対象になります。

 

伝染病などの病気がなくて共同生活に対応できる身元保証人が必要になります。

細かな入居条件に関しては各施設によって異なりますが、経費老人ホームのA型とB型は世帯月収が34万円以上の場合は入居できません。

 

 軽費老人ホームを探し始めたら、まずはじめにすべきこととは??

 

 

 

 

 

管理人イチオシの介護施設サイト「HOME's介護」

※全て無料で資料請求できます!!

有料老人ホーム・介護施設を探すならHOME'S介護2 介護施設サイトの中でも資料請求ができる老人ホームの数が23000件以上もあり、業界トップクラスです。

地域別に一括資料請求できるので、
ご希望の地域から選ぶこともできます。

費用、立地、設備、サービスなど条件を絞って検索することもできるのでかなり便利ですよ。

1375029097_47「HOME's介護」サイト



特別養護老人ホームで入居待機を言い渡された方へ

illust2541 特別養護老人ホームを訪ねてみたはいいけど
「100人待ち」「3年待ち」
と言われ入居待機を余儀なくされた,,,,

そんな特別養護老人ホームの入居待機中に
有料老人ホームを使っている人が多いって知っていましたか??

というよりも、有料老人ホームへ入居する人のほとんどはそんな入居待機を余儀なくされた人たちだったりします。
最近では特別養護老人ホームの待機が万永しつつあるので、
入居金0円(初期費用)の有料老人ホームを増えています。

特養までの繋ぎとして
リーズナブルな有料老人ホームを探してみましょう。

1375029097_47「HOME's介護」サイト
※HOME's介護なら「入居金が安い順」「月額費用が安い順」で検索できます!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ