有料老人ホームの種類

a0002_004814_m

色々種類がある介護施設の中の1つに有料老人ホームがある
という事は前のページで紹介しましたが、有料老人ホームも3種類に別れます。

・介護付き有料老人ホーム(一般型or外部サービス利用型)
・健康型有料老人ホーム
・住宅型有料老人ホーム

 

それぞれ費用や介護サービスの形などが違うので、しっかりチェックしておきましょう。

 

種類 費用 入居の年齢 入居条件
介護付き
有料老人ホーム
15万~30万 65歳以上  自立△
要支援
要介護
健康型
有料老人ホーム
20万~30万 60歳以上  自立
要支援×
要介護×
住宅型
有料老人ホーム
20万~30万 60歳以上  自立
要支援
要介護

 

介護付き有料老人ホーム

皆さんが想像する一般的な老人ホームが介護付き有料老人ホームです。

基本的に介護が必要な方のみが入居できる有料老人ホームで、
3種類の有料老人ホームの中では一番費用が安いタイプです

介護付き有料老人ホームも「一般型」「外部サービス利用型」との2つ別れています。
とは言っても、ほとんどが一般型なので、「介護付き有料老人ホーム」言われれば一般型だと思って間違いありません。

大きな違いは介護サービスをホームに任せるか、自分で選ぶのかです。

一般型がホームに介護サービスを任せるタイプで、
外部サービス利用型が自分で介護サービスを選ぶタイプになります。

 

健康型有料老人ホーム

その名の通り、健康で介護が必要のない人”のみ”が入居できる有料老人ホームです。

介護サービス以外の食事のサービスなどが基本で、
介護サービスが必要になれば退去しなければなりません。

最近では、1つの企業が健康型有料老人ホームと介護付き有料老人ホームを運営しているケースも少なくないので、ホームによっては健康状態の時は健康型で暮らし、いざ介護が必要になった場合は介護付きに移動というシステムがあります。

 

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、健康型有料老人ホームに介護サービスを付けることができるタイプの有料老人ホームです。

健康型では介護が必要になれば”退去”でしたが、
住宅型の場合は介護が必要になれば、自身で訪問介護サービスなどを利用できます。

介護付き有料老人ホームの「外部サービス利用型」と同じように思えますが、住宅型の方が居室の大きさがが狭い可能性が高いです。

住宅型と介護付きの条件基準の違いからだと言われています。

 

介護施設を探し始めたら、まずはじめにすべきこととは??⇒⇒

 

管理人が語る「 コレだけは知っておきたい基礎知識」

 

管理人イチオシの介護施設サイト「HOME's介護」

※全て無料で資料請求できます!!

有料老人ホーム・介護施設を探すならHOME'S介護2 介護施設サイトの中でも資料請求ができる老人ホームの数が23000件以上もあり、業界トップクラスです。

地域別に一括資料請求できるので、
ご希望の地域から選ぶこともできます。

費用、立地、設備、サービスなど条件を絞って検索することもできるのでかなり便利ですよ。

1375029097_47「HOME's介護」サイト



特別養護老人ホームで入居待機を言い渡された方へ

illust2541 特別養護老人ホームを訪ねてみたはいいけど
「100人待ち」「3年待ち」
と言われ入居待機を余儀なくされた,,,,

そんな特別養護老人ホームの入居待機中に
有料老人ホームを使っている人が多いって知っていましたか??

というよりも、有料老人ホームへ入居する人のほとんどはそんな入居待機を余儀なくされた人たちだったりします。
最近では特別養護老人ホームの待機が万永しつつあるので、
入居金0円(初期費用)の有料老人ホームを増えています。

特養までの繋ぎとして
リーズナブルな有料老人ホームを探してみましょう。

1375029097_47「HOME's介護」サイト
※HOME's介護なら「入居金が安い順」「月額費用が安い順」で検索できます!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ