住宅をバリアフリー改装するにはどれくらいの費用がかかる?

自宅を在宅介護しやすいようにバリアフリー化する家庭は多くあると思います。

高齢者にとって住みよい家ということで在宅介護をしている多くの家庭でやられています。

しかし、そのリフォームにはかなりの費用がかかるものです。

大掛かりなバリアフリー化だと費用は高いですが、ちょっとしたバリアフリー改装なら低費用でできます。

バリアフリーリフォームの前に、そのリフォームに必要な工事費かを考えてみましょう。

 

まず「バリアフリー住宅」とは障害物の無い家という意味になります。

介護が必要になると、必然的に車椅子や松葉杖といった物を使いますが、そういった状態でも自由に動き回れる住まいということです。。

 

バリアフリーリフォームと言っても、色々な種類があります。

全てをやると膨大な費用になりますが、一つ一つ分けていくとそれほど膨大な費用というわけではありません。

床の段差の解消、手すり取り付け、ドアを引き戸にするなどの小さなリフォームから、廊下を広げるような大掛かりなリフォームまで様々あります。

 

大体バリアフリーのリフォームの費用は
「5万円前後」「11万円~20万円」「201万円以上」になります。

 

【合計4万円】
L字型手すり・下地用材料など 1.5万円
L字型手すりの設置・設置のための下地の補強 2.5万円

 

【合計15万円】
バリアフリー仕様の扉と扉枠 11万円
バリアフリー仕様の扉と扉枠の設置 4万円

 

【合計250万円】
ホームエレベーターの設置

 

 

 

 

 

管理人イチオシの介護施設サイト「HOME's介護」

※全て無料で資料請求できます!!

有料老人ホーム・介護施設を探すならHOME'S介護2 介護施設サイトの中でも資料請求ができる老人ホームの数が23000件以上もあり、業界トップクラスです。

地域別に一括資料請求できるので、
ご希望の地域から選ぶこともできます。

費用、立地、設備、サービスなど条件を絞って検索することもできるのでかなり便利ですよ。

1375029097_47「HOME's介護」サイト



特別養護老人ホームで入居待機を言い渡された方へ

illust2541 特別養護老人ホームを訪ねてみたはいいけど
「100人待ち」「3年待ち」
と言われ入居待機を余儀なくされた,,,,

そんな特別養護老人ホームの入居待機中に
有料老人ホームを使っている人が多いって知っていましたか??

というよりも、有料老人ホームへ入居する人のほとんどはそんな入居待機を余儀なくされた人たちだったりします。
最近では特別養護老人ホームの待機が万永しつつあるので、
入居金0円(初期費用)の有料老人ホームを増えています。

特養までの繋ぎとして
リーズナブルな有料老人ホームを探してみましょう。

1375029097_47「HOME's介護」サイト
※HOME's介護なら「入居金が安い順」「月額費用が安い順」で検索できます!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ