パーキンソン病でも入れる老人ホームってあるの?

7ecda8f29e3b8aa1761e99603ede4e1a_s

パーキンソン病というのは大体40歳~50歳以降に発症が見られる傾向があり、ゆっくりと進行していくのが特徴的な原因がまだ不明の神経変性疾患の事を言います。

 

脳の中にある神経伝達物質の1つのドーパミンが減っている事とアセチルコリンの相対的増加によって引き起こされる事が考えられているようですね。

 

日本でパーキンソン病を患っている人はおよそ10万人以上いると推定されているようですね。高齢化社会になっていくにあたって患者数が増加していくのでは?と予想されているようですね。

 

パーキンソンの症状としては基本的には50歳以降に発症される人が多くて高齢になるにつれ、並行して割合も増加していくのです。

 

治療に関しては不足しているドーパミンを補う事によって進行を抑制させる治療が最も重要とされており、ほとんどは薬物療法を利用する場合が多いそうですね。

 

しかし、どのような薬も病気を根本的に治す事は不可能で症状を緩和させる補充療法薬になるのです。だから、薬を服用している間は症状は緩和されるのだが服用を止めたら元に戻ってしまうのです。手術療法もあるが、これも対処療法という形になるので完治する!という訳ではないのです。

 

最近では新たな治療法が開発されている事によって
パーキンソン病の経過も著しく改善していっているそうですね。

 

薬を服用して日常生活を送っている人も非常に多くいるのです。
しかし、だんだんと病気が進行してしまう事も少なくないので気をつけなければいけません。

 

老人ホームに入居するのを考える場合、パーキンソン病を患っているという事で入居を断られてしまう!なんて事はあまりないと思います。しかし、症状の度合により、受け入れ可能な条件も変わってくると考えられます。

 

パーキンソン病の症状の進行具合により、嚥下障害で食事を摂る事ができなくなってしまったり、認知症が併発するなどで問題行動が見られたら、入居を断られてしまうケースもあると考えられるでしょう。

 

 

 

 

パーキンソン病でもグループホームに入居できる?

パーキンソン病だとグループホームには入居出来る可能性は低いでしょう。

各グループホームへ問い合わせてみましょう。

 


 

パーキンソン病は、40歳~50歳以降に発症が多く見られている疾患です。

ゆっくりと進行してく原因不明の神経変性疾患であり、未だに治療方法は見つかっていません。

 

脳内の神経伝達物質の一つであるドーパミンの減少とアセチルコリンの相対的増加で起こると考えられており、日本全体でパーキンソン病を患っている患者の数は10万人以上と言われています。

高齢化社会となっていくにあたって今後も患者数が増えると予想されている病気です。

老人ホームを探し始めたら、まずはじめにすべきこととは??

 

 

 

 

 

 

 

 

管理人イチオシの介護施設サイト「HOME's介護」

※全て無料で資料請求できます!!

有料老人ホーム・介護施設を探すならHOME'S介護2 介護施設サイトの中でも資料請求ができる老人ホームの数が23000件以上もあり、業界トップクラスです。

地域別に一括資料請求できるので、
ご希望の地域から選ぶこともできます。

費用、立地、設備、サービスなど条件を絞って検索することもできるのでかなり便利ですよ。

1375029097_47「HOME's介護」サイト



特別養護老人ホームで入居待機を言い渡された方へ

illust2541 特別養護老人ホームを訪ねてみたはいいけど
「100人待ち」「3年待ち」
と言われ入居待機を余儀なくされた,,,,

そんな特別養護老人ホームの入居待機中に
有料老人ホームを使っている人が多いって知っていましたか??

というよりも、有料老人ホームへ入居する人のほとんどはそんな入居待機を余儀なくされた人たちだったりします。
最近では特別養護老人ホームの待機が万永しつつあるので、
入居金0円(初期費用)の有料老人ホームを増えています。

特養までの繋ぎとして
リーズナブルな有料老人ホームを探してみましょう。

1375029097_47「HOME's介護」サイト
※HOME's介護なら「入居金が安い順」「月額費用が安い順」で検索できます!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ