グループホームで退居になる行動って?退去の事例って?

グループホームに問わず介護施設では問題行動によって退居になることがあります。

 

特にグループホームでは少人数のグループを作って生活をしていくため、入居者の問題行動によってそのグループが崩れることがあるので、問題行動を起こしてしまうと退居になる可能性は高くなります。

 

また、グループホームでは認知症の高齢者を受け合うために、そういった問題行動が多くあるようです。

グループホームでは認知症の症状を和らげる効果があるのですが、その雰囲気が合わなければ逆に認知症を悪化させてしまうこともあります。

認知症はその人の精神状況によっても大きく左右するので、グループホームを選ぶ際は見学や体験入居をすることは重要になります。

 

具体的にグループホームで退居になる場合のほとんどが入居者の暴言や暴力的な行動みたいです。

一緒に生活をしている入居者に対してきがいがある場合がほとんどです。

その人個人というよりは、グループ全体を見て判断することがほとんどなので、判断するのはグループホームの介護スタッフになります。

 

 

 

 

グループホームの退去条件って?

 

グループホームではその施設を退去させられる場合があります。

これはグループホームに限らずどの介護施設でも起こりうることなので注意が必要です。

 

公的な介護施設で知られている特別養護老人ホームや老人保健施設などではこの退去条件がゆるいのですが、有料老人ホームやグループホームなどは各施設が決めているので、その施設の運営に合わない入居者に対して退去命令があることがあります。

 

言葉で退去命令というとトゲがあるように聞こえてしまいますが、介護施設の運営に支障をきたす場合やもっと適切な施設があるという提案になります。

 

グループホームで多い退去の事例は認知症の症状によるものです。

暴力的な行動や言動による他の入居者に悪影響を及ぼしているケースになると退居になる可能性があります。

グループホームは入居者を重要視していますが、なによりもそのグループの存続や安定した生活を重視しているので、一人の入居者でそのグループが乱れるのであれば、責任を取って退去してもらう形になります。

 

 

 

 グループホームで持病が悪化すると退居になる?

 
持病があってもグループホームには入居できることはあります。

各グループホームによっても持病で入れるかどうかは違いがありますが、比較的に症状が安定している場合などでは、医療ケアがあまり整っていないグループホームでも入居することは可能です。

 

しかし、その持病が悪化した場合などは退居になる可能性があります。

グループホームでの退去では認知症による症状の悪化や持病の悪化があります。

基本的にグループホームでは高い医療サービスは整っていませんので、持病が悪化した場合や入退院を繰り返す入居者に対しては退去命令になることがあるのです。

 

最近では医療機関と連携の深いグループホームも多くあるので、そういった場合だと退居にはなりにくくなっていますが、そういった連携がないグループホームの場合は退居になる可能性が多くあります。

 

 

 

 

 

管理人イチオシの介護施設サイト「HOME's介護」

※全て無料で資料請求できます!!

有料老人ホーム・介護施設を探すならHOME'S介護2 介護施設サイトの中でも資料請求ができる老人ホームの数が23000件以上もあり、業界トップクラスです。

地域別に一括資料請求できるので、
ご希望の地域から選ぶこともできます。

費用、立地、設備、サービスなど条件を絞って検索することもできるのでかなり便利ですよ。

1375029097_47「HOME's介護」サイト



特別養護老人ホームで入居待機を言い渡された方へ

illust2541 特別養護老人ホームを訪ねてみたはいいけど
「100人待ち」「3年待ち」
と言われ入居待機を余儀なくされた,,,,

そんな特別養護老人ホームの入居待機中に
有料老人ホームを使っている人が多いって知っていましたか??

というよりも、有料老人ホームへ入居する人のほとんどはそんな入居待機を余儀なくされた人たちだったりします。
最近では特別養護老人ホームの待機が万永しつつあるので、
入居金0円(初期費用)の有料老人ホームを増えています。

特養までの繋ぎとして
リーズナブルな有料老人ホームを探してみましょう。

1375029097_47「HOME's介護」サイト
※HOME's介護なら「入居金が安い順」「月額費用が安い順」で検索できます!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ