アルツハイマー型認知症でも老人ホームに入れる?

48031e1d56b0518c85236a438654a68e_s

アルツハイマー型認知症というのは昔ドイツのアルツハイマー博士により、報告された最も多い神経変性疾患の事で脳の中の神経細胞がだんだんと壊れていき、脳が徐々に委縮していくという恐ろしい病気の事。

 

認知症の1種で認知症と診断されている人のおよそ
6割、7割がアルツハイマー型だと言われているのです。

 

これは脳の老化現象とも言えて平均寿命が延びている近年では増加し続けている疾患の1つだと言われていますが原因は未だハッキリとしていないから治療するのは困難だと言われているのです。

 

病気のアルツハイマーと一般的な物忘れを区別する事も困難なものだが一般的に言うと脳の委縮などといった変化が分かりやすい症状なので脳の検査で診断が出るケースがほとんどだと言われています。

 

基本的に物忘れから始まる事が多いと言われており、
直近の記憶を忘れてしまうのが一般的な症状だそうですね。

 

他にも場所、または時間の感覚が分からなくなる性格の変化や被害妄想などもあるがそれぞれの症状、または進行の過程などといった事にも違いがあるから、この辺りがこの症状の難しさでもあると言われているのです。

 

認知症の初期症状では症状が目立たない場合があるが、普段と様子が違う!と思った場合は出来るだけ早く精神科などといった病院を受診するようにしましょう。

 

ハッキリとした原因がない!という事もあって現在でも特効薬はないと言われています。アルツハイマー病の薬は出ているのだが基本的には症状の進行を遅らせるための薬になるという訳なのです。

 

アルツハイマー病が進行してしまう原因にはストレスも考えられます。

 

ストレスを出来るだけ溜めないようにするために有効的な方法として言えるのは生活への刺激だと言われています。友人との会話、外出、さらには趣味の活動などといったように楽しむ事が継続できる事によってストレスの軽減、気力の低下、症状の進行を遅らせる重要な環境作りになるのです。

 

アルツハイマー型認知症でも老人ホームに入る事は可能です。

 

 

 

 

アルツハイマーでもグループホームに入居できる?

 

アルツハイマーでもグループホームには入居出来る可能性は高いです。

各グループホームへ問い合わせてみましょう。

 

アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)は1907年にドイツのアルツハイマー博士によって発見された病です。
世界的に最も多い神経変性疾患の1つで、脳内の神経細胞が徐々に壊れてしまい脳が次第に委縮していく病気になります。

 

認知症の中の一つであるので、グループホームの入居条件としては当てはまっています。

しかも、現在認知症と診断される方の6~7割がこの「アルツハイマー」型となっています。

 

脳の老化現象とも言えるもので、原因と治療はまだ解明されていませんが、介護という分野におけるとグループホームが一番適している施設だと言えるでしょう。

 

 老人ホームを考え始めたら、まずはじめにすべきこととは??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理人イチオシの介護施設サイト「HOME's介護」

※全て無料で資料請求できます!!

有料老人ホーム・介護施設を探すならHOME'S介護2 介護施設サイトの中でも資料請求ができる老人ホームの数が23000件以上もあり、業界トップクラスです。

地域別に一括資料請求できるので、
ご希望の地域から選ぶこともできます。

費用、立地、設備、サービスなど条件を絞って検索することもできるのでかなり便利ですよ。

1375029097_47「HOME's介護」サイト



特別養護老人ホームで入居待機を言い渡された方へ

illust2541 特別養護老人ホームを訪ねてみたはいいけど
「100人待ち」「3年待ち」
と言われ入居待機を余儀なくされた,,,,

そんな特別養護老人ホームの入居待機中に
有料老人ホームを使っている人が多いって知っていましたか??

というよりも、有料老人ホームへ入居する人のほとんどはそんな入居待機を余儀なくされた人たちだったりします。
最近では特別養護老人ホームの待機が万永しつつあるので、
入居金0円(初期費用)の有料老人ホームを増えています。

特養までの繋ぎとして
リーズナブルな有料老人ホームを探してみましょう。

1375029097_47「HOME's介護」サイト
※HOME's介護なら「入居金が安い順」「月額費用が安い順」で検索できます!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ