どのくらいの介護レベルなら在宅介護でもOK?

 

 

介護の度合いによって在宅介護か施設介護かを判断するのは難しいです。

どんな介護レベルでも在宅介護できますし、軽い介護度合いの高齢者でも介護施設に入居している人もいます。

多くの場合、在宅介護から施設介護に変わるのは在宅介護の家族への負担を考えた場合です。

 

在宅介護の方が経済的な負担は少ないですし、あるていど自由が聞きます。

施設介護になると月額で決められた費用が必要になってくるので、経済的な麺を考えるとはじめは在宅介護からという人が多くいます。

こういった経済的な面で施設介護を見送る家庭も多くあるのです。

 

しかし、在宅介護は費用もそこそこに、家族への負担があります。

「介護疲れ」という言葉があるように、家族の介護はそうとうな労力や気力を必要とするのです。

そして、それらの負担は介護の度合いによって決まると言っていいでしょう。

介護疲れから介護欝という流れもあるので、介護をする側・介護をされる側の両方が幸せになる形を目指していくのが在宅介護と施設介護の関係だというべきでしょう。

将来に備えて早めに手を打つなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理人イチオシの介護施設サイト「HOME's介護」

※全て無料で資料請求できます!!

有料老人ホーム・介護施設を探すならHOME'S介護2 介護施設サイトの中でも資料請求ができる老人ホームの数が23000件以上もあり、業界トップクラスです。

地域別に一括資料請求できるので、
ご希望の地域から選ぶこともできます。

費用、立地、設備、サービスなど条件を絞って検索することもできるのでかなり便利ですよ。

1375029097_47「HOME's介護」サイト



特別養護老人ホームで入居待機を言い渡された方へ

illust2541 特別養護老人ホームを訪ねてみたはいいけど
「100人待ち」「3年待ち」
と言われ入居待機を余儀なくされた,,,,

そんな特別養護老人ホームの入居待機中に
有料老人ホームを使っている人が多いって知っていましたか??

というよりも、有料老人ホームへ入居する人のほとんどはそんな入居待機を余儀なくされた人たちだったりします。
最近では特別養護老人ホームの待機が万永しつつあるので、
入居金0円(初期費用)の有料老人ホームを増えています。

特養までの繋ぎとして
リーズナブルな有料老人ホームを探してみましょう。

1375029097_47「HOME's介護」サイト
※HOME's介護なら「入居金が安い順」「月額費用が安い順」で検索できます!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ